論文が掲載されました

腸内細菌プロジェクトの論文が掲載されました。


本論文では、低たんぱく食が腸内細菌叢に与える影響を動物実験で検討しました。結果として、低たんぱく食(タンパク3%の餌)を与えたマウスの腸内では、ウレアーゼ(尿素分解酵素)を産生する細菌が増加することが示唆されました。無菌動物へ特徴のある細菌叢を移植することで低タンパク適応のメカニズムを解明する実験への道筋ができました。

以下から全文を閲覧することができますのでぜひご覧ください。

Masuoka H, Suda W, Tomitsuka E, Shindo C, Takayasu L, Horwood P, Greenhill A, Hattori M, Umezaki M, Hirayama K. (2020). The influences of low protein diet on the intestinal microbiota of mice. Sci Rep.