2018-04-05

第33回 (2019年度)人類生態学研究会

第33回人類生態学研究会
The 33rd meeting of human ecology

 

日時 2019年6月29日(土)13:00-17:30
Date   June 29, 2019 (Sat) 1 pm to 5:30 pm

場所 医学部教育研究棟13階 第6セミナー室
Venue  the Faculty of Medicine Experimental Research Building, 13th floor, Seminar room 6

 

< プログラム Program >

13:00-13:05 開会の言葉(梅﨑昌裕)Opening remarks

13:05-13:45 Maricor Carmela A. Ieiri (Department of Human Ecology)
「世帯環境と学童の栄養状態:フィリピン・セブにおける社会生態学的研究」
“Family environment and nutritional status of school children in Cebu, Philippines: A socio-ecological approach”

13:45-14:25 Richard Flores Carino III (Department of Human Ecology)
「培養法と16S rRNA系統解析を用いたマウス胎児の細菌叢獲得に関する研究」
“What is the pioneer fetal microbiome in gestation? A culture-based and 16S rRNA-based investigation of mice”

14:25-14:40 休憩 Break

14:40-15:20 高安伶奈(人類生態学教室)Lena TAKAYASU (Department of Human Ecology)
「腸内細菌叢を用いたマウス寿命の予測可能性」
“Predicting mice lifespan from gut microbiomes”

15:20-16:00 中澤港(神戸大学)Minato NAKAZAWA (Kobe University)
「ラオス北部農村における健康観・健康関連行動と健康状態」
“Awareness, behavior and measured status of health in Northern Laos village”

16:00-16:15 休憩 Break

16:15-16:45
井上雄太(経営コンサルティング会社)
甲斐洋行(東北大学 材料科学高等研究所)
田中利和(東北大学 東北アジア研究センター)
カッバラ レッゲサ(Woliso Leather Kebere Legese)
「エチオピアとつくる地下足袋の健康視点での価値探求」

Yuta Inoue (Management consulting firm)
Hiroyuki Kai (Tohoku University Advanced Institute for Materials Research)
Toshikazu Tanaka (Tohoku University Center for Northeast Asian Studies)
Kebere Legese (Woliso Leather Kebere Legese)
“Exploring health benefits of “jika-tabi” with Ethiopia”

16:45-17:25
山内太郎(北海道大学 / 総合地球環境学研究所)
「サニテーションと健康」

Taro YAMAUCHI (Hokkaido University / Research Institute for Humanity and Nature)
“Sanitation and Health”

17:25-17:40 総会 General meeting

18:00- 懇親会 party
機山館 Kizankan
〒113-0033 東京都文京区本郷4-37-20
TEL:03-3812-1211

https://kizankan.co.jp/

過去の研究会
2017年度 2018年度