2020-05-18

参考図書 | Suggested readings

人類生態学に関心をお持ちの方、受験を考えている方、入学した新入生向けの、参考図書のリストです。
This is a list of suggested readings for those who are interested in the Dept of Human Ecology, and its new students.

 

[教科書 Textbook]

  • 大塚柳太郎, 河辺俊雄, 高坂宏一, 渡辺知保, & 阿部卓. (2002). 人類生態学 (第2版). 東京: 東京大学出版会.
  • 渡辺知保, 梅崎昌裕, 中澤港, 大塚柳太郎, 関山牧子, 吉永淳, & 門司和彦. (2011). 人間の生態学. 東京: 朝倉書店.
  • Stinson, S., Bogin, B., & O’Rourke, D. (Eds.). (2012). Human Biology: An Evolutionary and Biocultural Perspective (2nd ed.). NJ: Wiley-Blackwell.
  • Wiley, A. S., & Allen, J. S. (2016). Medical Anthropology: A Biocultural Approach (3rd ed.). Oxford: Oxford university press.
  • McElroy, A. & Townsend, P. K. (2014). Medical Anthropology in Ecological Perspective. CO: Westview Press.
  • Frumkin, H. (2016). Environmental Health: From Global to Local. CA: Jossey-Bass.
  • Bogin, B. (2020). Patterns of Human Growth (3rd ed.). Cambridge: Cambridge University Press.

 

[関連領域の図書 Related fields]

  • 岸上伸啓(編). (2018). はじめて学ぶ文化人類学 人物・古典・名著からの誘い. 東京: ミネルヴァ書房.
  • 佐々木敏. (2005). わかりやすいEBNと栄養疫学. 東京: 同文書院.
  • Willett, W. (Eds.). (2012). Nutritional epidemiology (3rd ed.). Oxford: Oxford university press.
  • 橋本雄一(編). (2016). 四訂版 GISと地理空間情報―AecGIS20.3.1とダウンロードデータの活用―. 東京: 古今書院.
  • 日本環境化学会(編). (2019). 地球をめぐる不都合な物質 拡散する化学物質がもたらすもの. 東京: 講談社.
  • 熊谷嘉人, 姫野誠一郎, & 渡辺知保. (2014). 毒性の科学 分子・細胞から人間集団まで. 東京: 東京大学出版会.
  • 今井正, 宮本英七, 飯野正光, & 鈴木秀典(編). 標準薬理学 (第7版). 東京: 医学書院.
  • 鈴木庄亮, 辻一郎, & 小山洋(編). (2020). シンプル衛生公衆衛生学2020. 東京: 南江堂.
  • 荏開津典生, & 鈴木宣弘. (2020). 農業経済学 (第5版). 東京: 岩波書店.
  • [EN] Booth, W. C., Colomb, G. G., Williams, J. M., Bizup, J., & Fitzgerald, W. T. (2016). The Craft of Research (4th ed.). IL: The University of Chicago Press.
  • [JP] Booth, W. C., Colomb, G. G., Williams, J. M., Bizup, J., & Fitzgerald, W. T. (2018). The Craft of Research (4th ed.) リサーチの技法. (M. KAWAMATA 川又政治, Trans.). Tokyo: Socym ソシム.
  • 上野千鶴子. (2018). 情報生産者になる. 東京: 筑摩書房.

 

[読み物 Light readings]

  • [EN] Diamond, J. M. (1998). Guns, germs, and steel: a short history of everybody for the last 13,000 years. New York: Random House.
  • [JP] Diamond, J. M. (2000). Guns, germs, and steel: a short history of everybody for the last 13,000 years 銃・病原菌・鉄 一万三〇〇〇年にわたる人類史の謎. (A. KURAHONE 倉骨彰, Trans.). Tokyo: Soshisha 草思社.
  • [EN] Boyd, R. & Silk, J. B. How Humans Evolved (8th ed.). New York: W W Norton & Co Inc.
  • [JP] Boyd, R. & Silk, J. B. How Humans Evolved ヒトはどのように進化してきたか (A. MATSUMOTO & A. ODA 松本晶子 & 小田亮, Trans.). Tokyo: Minerva Shobo ミネルヴァ書房.
  • [EN] Frances M. Ashcroft, F. M. (2000). Life at the Extremes. CA: University of California Press.
  • [JP] Frances M. Ashcroft, F. M. (2002). Life at the Extremes 人間はどこまで耐えられるのか. (K. YAHANO 矢羽野薫 Trans.). Tokyo: Kawadeshobo-shinsha河出書房新社.
  • [EN] Livli-Bacci, M. (2017). A Concise History of World Population (6th ed.). NJ: Wiley-Blackwell.
  • [JP] Livli-Bacci, M. (2014). A Concise History of World Population 人口の世界史 (A. HAYAMI & O SAITO 速水融 & 斎藤修, Trans.). Tokyo: Toyokeizaishimposha 東洋経済新報社.
  • 大塚柳太郎. (2015). ヒトはこうして増えてきた. 東京: 新潮社
  • 河野稠果. (2007). 人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか. 東京: 中央公論新社.
  • 鈴木継美. (1980). 人類生態学の方法. 東京: 東京大学出版会.
  • 篠原徹. (2004). 中国・海南島―焼畑農耕の終焉. 東京: 東京大学出版会.篠原徹. (2005). 自然を生きる技術 暮らしの民族自然誌. 東京: 吉川弘文館.
  • 佐藤郁哉. (2006). フィールドワーク―書を持って街へ出よう 増訂版. 東京: 新曜社.
  • 梅崎昌裕. (2007). ブタとサツマイモ. 東京: 小峰書店.
  • 光岡知足. (2011). 人の健康は腸内細菌で決まる-善玉菌と悪玉菌を科学する―. 東京: 技術評論社.